キハツダケ
Lactarius flavidulusS. Imai
Lactarius tottoriensis Matsuura
ベニタケ目_ベニタケ科_カラハツタケ属


キハツダケ 恵庭 2010.07.18.

 
 can be eaten 可食

 秋にモミ類やマツ類林内地上に発生する。
 傘は径6~15cm、初め中央部がくぼんだ平たいまんじゅう形で後に浅いじょうご形に開く。色は淡い黄色から淡黄褐色。

 ひだの並び方は密で淡黄色、垂生。
 柄は傘とほぼ同色、中空。
 きのこを傷つけると初め白色の乳液が出て後には青緑色に変色する。


〔似たキノコ〕
 → ウスキチチタケ L. aspideusヒダや肉の変色は紫色。

_20180922 桜山
_20180916 南区