カレバキツネタケ
Laccaria vinaceoavellanea Honngo
 
ハラタケ目 ヒドナンギウム科 キツネタケ属


カレバキツネタケ



 
unclear 食毒不明

 食毒不明。 夏から秋、広葉樹林地上に発生。

 カサは径4〜6cm、全体がくすんだ肉色、湿時ややわずかに紫色がかり、乾燥時には白っぽくなる。中央が凹み周辺は屈曲することが多い。表面は粘性が無く、放射状の長い溝線がある。
 ヒダは垂生し疎。カサと同色か淡色。
 柄は中実、強靭。カサと同色か淡色で上下同径棒状。表面と質は繊維状。
 肉は表面色と同じ。
 胞子はほぼ球形でとげを帯びる。

〔似たキノコ〕
 → ワサビカレバタケの柄の下半部は淡黄色の密毛に包まれ、フェルト状になります。
 → キツネタケ
 → オオキツネタケ