カラマツベニハナイグチ
(別名;サクラハナイグチ)
Boletinus paluster (Peck) Peck
Suillus paluster (Peck) Kretzer & T.D. Bruns
イグチ目_ヌメリイグチ科_ヌメリイグチ属

 
 Inedible 食不適 .

 秋にカラマツ林内の地上に発生する。可食だが苦くて食用には不向き。

 傘は初め円錐形で後には中高の平らに開く。
 表面の色は赤紫色からばら色で、綿毛状から繊維状のささくれにおおわれる。
 管孔は柄に垂生し、放射方向の壁がよく発達し、孔口は大型で黄色。
 柄は傘とほぼ同色。

〔似たキノコ〕
 → アミハナイグチもカラマツ林に発生し、表面の色は黄褐色〜褐色あるいは赤褐色。
 → ベニハナイグチは五針葉のマツ林に発生する
 → 外見上よく似ているウツロベニハナイグチは柄が中空であるのに対してカラマツベニハナイグチの柄は充実している