ベニハナイグチ
Suillus spraguei (Berk. & M. A. Curtis) Kuntze

イグチ目_ヌメリイグチ科_ヌメリイグチ属


ベニハナイグチ

 
can be eaten 可食

 夏から秋にかけて五葉のマツ類の林内の地上に発生する。食用になる。肉はかたく締まっていて歯切れが良く、味もよい。

 傘は径5〜10cm、初め円錐形で後にはほぼ平らに開く。表面は繊維状の鱗片を密生し、時にやや粘性、濃赤色〜帯紫赤色、 のち退色し帯褐色となる。
 管孔は柄に垂生し、黄色のちには黄褐色、孔口はやや放射状に並ぶ。

 柄は3〜8cm、中実、表面はつばより上は黄色、下部は傘と同色。つばは消失しやすい。
 肉はクリーム色で傷つくと赤変するが、柄では時に青変する。


〔似たキノコ〕
 → 五針葉松の下には、他に、ヌメリツバイグチや、ワタゲヌメリイグチが発生する。
 → アミハナイグチカラマツベニハナイグチはカラマツ林に発生する。