イッポンシメジ
(別名 ;ニセシメジ)
Entoloma sinuatum (Bull.) P. Kumm
.
ハラタケ目 イッポンシメジ科 イッポンシメジ属

アイシメジ 拡大画面へ

イッポンシメジ_20180829 白旗山

クリックで拡大  
 POISON 有毒

 9月上旬〜下旬頃、広葉樹、ときに針葉樹林の地上に単生する。
 傘は淡灰黄土色で、湿ると粘性があり、直径7〜12cm。
 ひだは湾生、幅広く、初めは白、のちに淡桃色となる。

 柄は白色から灰黄白色、繊維状、根元に向かって膨らみ、時にラッキョウ状となり、中実
 胞子は五角形か六角形で、胞子紋は淡桃色ないしは淡い肉色。


〔似たキノコ〕
 → イッポンシメジはこの科の代表種だが、日本では近縁のクサウラベニタケのほうが普通で、これによる中毒が多い。中毒症状は発現が早く激しい嘔吐、腹痛が起こるそうです。
 クサウラベニタケの柄は中空または隋状でもろく指でつまむと容易につぶれる。
 → ウラベニホテイシメジ柄は太く充実して非常に硬くイッポンシメジに酷似し、傘の表面の模様以外は素人に判る特徴はないようだ。
 → ヒカゲウラベニタケ も成熟すると、ヒダが赤くなる。

柄は根元に向かって膨らむ
クリックで拡大
柄は白色から灰黄白色、繊維状、中実
クリックで拡大 クリックで拡大
イッポンシメジ_20090913_学びの森 イッポンシメジ種、縦筋にねじれが見られることが多い
クリックで拡大 クリックで拡大
イッポンシメジ_20090806_学びの森 イッポンシメジ_20090806_学びの森
クリックで拡大
イッポンシメジ_20180829 白旗山