フタイロベニタケ
Russula viridirubrolimbata J.Z. Ying
ベニタケ目_ベニタケ科_ベニタケ属


フタイロベニタケ_20180812子供の国

 
unclear 食毒不明

 ブナ等の広葉樹林内の地上に生える。アイタケと同じように傘にヒビワレを起こす。

 傘の色は中央部が青緑色で、周辺部が暗赤色、全体が赤いこともある、不規則にひび割れ、溝線がある、湿時粘性がある。
 ヒダは白色でやや密。
 柄は白色でシワ状の縦線があり、中実〜髄状でかたく、根元が細まる

 胞子紋は白色
 胞子は類球型で、小突起とわずかの連絡糸に覆われ、 5.5〜7.0 × 4.5〜6.0μm


〔似たキノコ〕
 → 同じ様にひび割れを生じるアオムラサキハツ( R. cyanoxantha f. cutefracta)はカワリハツのシノニムで、硫酸鉄溶液で無反応または僅かに緑色変する。

フタイロベニタケ_20180812子供の国
フタイロベニタケ_20180812子供の国
柄は白色で、根元が細まる
全体が暗赤色のタイプ

これも フタイロベニタケか?  
フタイロベニタケ_20180812子供の国
 柄や肉は硫酸鉄溶液で赤褐色に変色    フタイロベニタケ胞子_20180812子供の国