アイタケ
Russula virescens (Schaeff.) Fr.
ベニタケ目 ベニタケ科 ベニタケ属


アイタケ_20090822桜山_

 
Edible mushroom 可食

 梅雨時から秋にかけてナラ類やその他の広葉樹林内の地上に発生する。

 傘は6〜12cm、初めまんじゅう形で後には開いてじょうご形となる。
 色は淡緑色で中央部分以外は細かくひび割れが入り、うぐいす色の亀甲状の模様がつく。
 ひだは白色のち淡クリーム色となり、並び方はやや密。柄に離生する。
 柄は長さ5〜10cm、白色でかたい。

 風味には全く癖がなく汁物には良いだしが出る。


〔似たキノコ〕
 → クサイロハツ はひび割れが入らない。
 → フタイロベニタケ 色は異なるが模様が似ている。
 → アオムラサキハツ は周辺に放射状方向にひび割れがある。

 
 アイタケ 20100904 桜山  
幼菌
これはひび割れの無い クサイロハツの仲間