ヒメワカフサタケ
Hebeloma sacchariolens
ハラタケ目_ヒメノガステル科_ワカフサタケ属

アイシメジ 拡大画面へ

 
 Poison 有毒 .

 秋に各種森林の林地に群生〜単生する。
 カサ径3.5〜5cm、ほぼ平らに開き、表面は平滑、粘性を有し、中央部は淡肉桂色で周辺部は淡い。
 ヒダは密で類白色のち汚褐色、湾生〜直生。

 柄は上下同大で時に下方がやや膨らむ、表面は白色〜汚褐色で繊維状、上部は粉状。
 肉は類白色で異臭というか、独特の焦げた砂糖のような臭いがする。
 胞子はアーモンド形で特徴がある。

〔似たキノコ〕
 → オオワカフサタケ の成菌は、ヒダから出る水滴が胞子を捉えてヒダの縁に暗色の斑点をつくる。
 → ワカフサタケ は傘の縁部付近と柄の上部に、皮膜の名残である微細な灰白色の糸状の破片が付着する。