ヒメホウキタケ
Phaeoclavulina flaccida (Fr.) Giachini

ラッパタケ目_ラッパタケ科_ファエオクラブリナ属


ヒメホウキタケ_20100814_桜山

 
awful taste 食不適

 8月上旬~9月下旬頃、針葉樹林やコナラ林下に群生。
 高さ6cm、幅は4cmほどになり、ホウキ状、黄褐色~レモン色、トウモロコシ色で後にはほぼ白色。傷をつけても変色はしない。

〔似たキノコ〕
 → キホウキタケは本種より大型、上部はレモン色から黄土色、成熟すると硫黄色で根元は白色。
 → コガネホウキタケは根もとを除いて全体が 黄金色~卵黄色~橙色、根もとは太く白い。
 → ハナホウキタケ
  などがある。