キホウキタケ
Ramaria flava (Schaeff.:Fr.) Quel.

ラッパタケ目_ラッパタケ科_ホウキタケ属


キホウキタケ

 
POISON 有毒

 夏から秋、広葉樹から針葉樹林内に発生。菌根菌

 大きさは10〜20cmでほうき状、上部はレモン色から黄土色、成熟すると硫黄色で根元は白色。
 肉は白色、傷付けると赤変性をもつ。
 柄は単一で白色、太い。
 全体的に黄色がかっている。

 毒性は腹部の悪寒、下痢または嘔吐などの中毒症状を起こす。


〔似たキノコ〕
 → コガネホウキタケの肉は傷をつけても変色しない。