ヒイロイヌシメジ
Paralepista gilva (Pers.) Vizzini

ハラタケ目_キシメジ科_コブミノカヤタケ属


ヒイロイヌシメジ_20120913_薄別

 
can be eaten 可食

 従来、別種とされてきた レピスタ フラッキダ(和名無し)と同種であるとされた。
 Lepista flaccida f. gilva は、成長とともに濃色のドロップ状、または点状の斑点を生じる。

 傘は4~10センチ、黄褐色で外周部でその色は淡い。
 ヒダは淡黄色、やや密、長く垂生する。


〔似たキノコ〕
 → 傘が開ききったコブミノカヤタケに似るが、コブミノカヤタケには表面にドロップ状の模様やシミを生じない。
 → 猛毒菌のクリトキベ デアルバタも傘表面に同心円状に暗色の斑点が入ることがある。

ヒイロイヌシメジ_20120913_薄別
20160921 sirahatayama