ハナビラニカワタケ
(別名;ニカワハナビラタケ
Tremella foriacea Pers.

シロキクラゲ目_シロキクラゲ科_シロキクラゲ属


ハナビラニカワタケ

 
 CAUTION 食注意・

 春から秋にかけて広葉樹の枯れ木上に発生する。

 全体が八重咲きの花びら状になり、湿ったときと乾燥したときでは外見が著しく異なる。
 きのこの色は淡褐色から赤褐色である、湿っているときは全体がゼラチン質で気味が悪いが、食用になる。

〔似たキノコ〕
 シロキクラゲクロハナビラニカワタケ も同属種。
 クロハナビラタケ はクロムラサキハナビラタケ属、毒菌。