ハエトリシメジ
Tricholoma muscarium Kawam. ex Hongo

ハラタケ目_キシメジ科_キシメジ属


ハエトリシメジ

 
 CAUTION 食注意・弱毒

 秋にコナラやクヌギなどの広葉樹林内やこれらとマツの混じる雑木林のやや湿った地上に散生します。
 可食。ただし、トリコロミン酸(アミノ酸)を含み美味であるが量が過ぎると人によっては悪酔いしたような症状が出るので注意を要する。

 傘は径4~6cm、円錐形から平らに開くが中央は常に突出する。表面は淡黄色の地に帯褐オリーブ色、放射状の繊維に密に覆われ、中央部は濃色。
 ひだは初め白色で後にはやや黄色味をおびる。並び方は密から疎まで変化に豊み、柄に湾生する。
 柄は6~8cm、白色~淡黄色、中実、肉はほとんど白色。


〔似たキノコ〕
 アイシメジ暗緑色の放射状繊維紋がある。