ベニカノアシタケ
(別名;キカノアシタケ)
Mycena acicula (Schaeff.) P. Kumm.
ハラタケ目 ラッシタケ科 クヌギタケ属


ベニカノアシタケ_20150613_桜山

 
awful taste 食不適

 夏~秋、針葉樹林や針広混交林内の落枝葉上、腐朽木、草原地上に散生~群生。

 傘は0.3~1cm、釣鐘形、のちに中高の平らに開き、表面はさんご赤色、のちオレンジ色~黄色。
 ヒダは上生し、オレンジ色~黄色、時に白色。成長とともに色が褪せていく。
 柄は1~7cm、オレンジ色~黄色、下部に白色の毛を付ける。


〔似たキノコ〕
 → コウバイタケオウバイタケの柄は白色~傘色の淡い色で本種よりしっかりしており、傘は古くなると退色します。
 → その他の小型菌は傘表面に窪みや鱗片があるので区別することができる。

20150606_桜山
20180620_白旗山 20180620_白旗山
20150613_桜山、大きさは 8~10×3~4μm 20180620_白旗山