アラゲカワラタケ
Trametes hirsuta (Wulfen) Pilat f. hirsuta
タマチョレイタケ目 タマチョレイタケ科 シロアミタケ属


アラゲカワラタケ 20110522_赤井川

 
 Inedible 食不適 

 不食。 春~冬 広葉樹の枯れ木上に群生する。
 子実体は半背着生~側着生で無柄。

 傘 3~8cm、厚さ2~8mm、半円形~扇形でときに棚状、 表面は灰白色、淡きつね色、灰褐色などの粗毛に覆われビロード状、環紋をつくる。

 管孔 孔長 0.1cm、汚白色~淡黄土色、孔口も同色で円形~角形1~4個/㎜ と大きさは幅がある。
 肉 白色革質~コルク質、厚さ 0.1~基部 0.6cm。


〔似たキノコ〕
 → ヤキフタケ の表皮は白っぽい。
 → フルイカワラタケT. Villosa の裏面はヤキフタケに似ているが、表面は灰色・茶色から淡色のクリーム色の毛の密度が高く環紋状のゾーンを持つ。
 → カワラタケの管孔は微細(3~5個/㎜)厚さは1~3mmと本種の2~8mmに比べ薄い。
 → シロハカワラタケ の管孔は角型。

これは半背着生の個体
老成すると租毛は脱落する