アンズタケ
(別名;コモタケ, シロアンズタケ(川村))
Cantharellus cibarius Fr.

アンズタケ目_アンズタケ科_アンズタケ属


アンズタケ_20150807

 
CAUTION 食注意・弱毒

 夏~秋、林内に発生。しばしば菌輪を作る。食。

 きのこは高さ3~8cm、全体がオレンジ色から卵黄色、不正円形で周縁は浅く裂け波状に屈曲、肉は淡黄色、やや厚く肉質、アンズの香りがある。
 傘の表面はほぼなめらかで中心部がくぼむ場合もある。ひだはしわ状で互いに脈状に連絡しあい、柄に垂生する。
 柄は傘よりやや淡色の場合もある。

〔似たキノコ〕
 → ヒナアンズタケは小型(2~4cm)、アンズの香りが無く、ヒダが横に連絡しない。
 → アンズタケモドキはヒダが不完全か、ほとんど無い。
 → 名前が似ているヒロハアンズタケはヒダハタケ属。