アカジコウ
Butyriboletus speciosus (Frost) (ined.)
( = Boletus speciosus Frost )

イグチ目_イグチ科_ミヤマアミアシイグチ属


アカジコウ_20160812_naebokouen

 
can be eaten 可食

 夏から秋にかけアカマツと広葉樹の混ざった林内の地上に発生する。 きのこは食用になり味も良いが、虫が入りやすいのでなるべく若いものを利用する。

 カサの径6〜10cm前後で美しいバラ紅色〜ワイン色、無毛平滑、湿時多少粘性あり、はじめは半球形、後にはほぼ平らに開く。孔口は淡黄色で傘が開ききると褐色がかり、傷つくと青変する。
 肉は淡黄色で傷つくと明るい青色に変わるが、青変性は弱い。

 柄に小さな網目(特に上部に顕著)があり、淡黄色または淡紅色。根もとは青紫色になる場合もある。


〔似たキノコ〕
 → よく似た ニセアシベニイグチ は毒きのこ、管孔が柄に垂生する。

   
 _20160812_naebokouen  
 
 柄に小さな網目(特に上部に顕著)  
肉は淡黄色で傷つくと明るい青色に変わるが、青変性は弱い