アシベニイグチ
Boletus calopus Pers.
(→ Caloboletus calopus (Pers.) Vizzini )

イグチ目_イグチ科_ヤマドリタケ属


アシベニイグチ
アシベニイグチ

 
POISON 有毒

 夏から秋にかけて針葉樹林やブナ科の広葉樹林内地上に発生する。 中形から大形になり、しっかりしているが味は苦く食用にならない。

 傘は 5〜9cm、帯緑黄褐色、半球形,のち饅頭型から平らに平開する。縁はわずかに管孔面よりせりだし、幼時は内側へ巻く、表面は乾性ややビロード状、湿時弱い粘性がある、傷つけても変色しない。

 柄は 6〜11cm、円柱状または下方に向かってやや太くなり、 中心生、 中実。 表面地色は上部黄色、下方に向かって赤色または赤褐色、 全面に網目を表し頂部では細かく地色と同色かやや淡色、下方へ向かって荒く、色は赤色または赤褐色となる。
 柄の肉は空気に触れると青変する、根元は黄色の菌糸体に被われる。


〔似たキノコ〕
 → モウセンアシベニイグチの傘表面はフェルト(毛氈)状。
 → オオダイアシベニイグチ
は,柄の配色が上部赤く下部黄色い、肉の青変性が弱い。
 → ニセアシベニイグチは,肉にチーズのような匂いがあり苦味がない、管孔の長さは3mm程度と薄く、管孔は垂生〜直生。

 
アシベニイグチ  
こちらは表皮がフェルト状のモウセンアシベニイグチ。  
   Boletus panniformis Taneyama & Har. Takah.
→ Caloboletus panniformis (Taneyama & Har. Takah.) Vizzini