モリノツエタケ
(別名;アカチャカレバタケ)
Rhodocollybia prolixa var. distorta (Fr.) Antonin、 Halling & Noordel.
ハラタケ目_ツキヨタケ科_アカアザタケ属

アイシメジ 拡大画面へ

unclear 食毒不明

 夏〜秋、各種林内腐植上、または樹木の古い切り株上に発生する。
 傘は径 5-10 cm、中央突出した丸山形〜中高の平たい丸山形、表面は平滑、赤茶色〜茶褐色。
 肉はわずかに褐色をおび、におい、味ともに不快。
 ひだは白色〜やや淡クリーム色、、密、上生、しばしば赤褐色のしみを生ずる。
 柄の表面は淡褐白色、繊維状、赤褐色のしみがあり、しばしば捩れている。


〔似たキノコ〕
 → アカチャツエタケ はつねに中丘を持ち、肉や柄はやや強靭、カサの縁は反りかえらない。
 → エセオリミキ の肉は無味無臭、成熟するとカサの縁が反り返る。

アイシメジ 拡大画面へ
アカチャツエタケ_20161016 丸山