アカイボカサタケ(広義)

Entoloma quadratum (Berk. & M.A. Curtis) E. Horak
Entoloma salmoneum (Peck) Sacc.
ハラタケ目_イッポンシメジ科_イッポンシメジ属


アカイボカサタケ 20120914 樽前登山道


 
POISON 有毒

 夏〜秋、針葉樹の地上で湿った苔の土、腐植上に散在するが、広葉樹の下でも発生が見られる。毒。

 傘は径1〜4cm、鐘形(ベル形)〜円錐形で開かず、円錐形の尖った先端を持つ。
 表面は新鮮なときはべたつくが、粘性なく吸水性で湿時周辺に放射状の条線表出、全体に明るいサーモン・オレンジ〜鮮橙色〜橙色〜暗黄色。ひだも同色でやや疎、直生〜上生。

 柄は4〜10cm× 1.5〜3mm、上下同幅、円筒形、中空、ややねじれ、表面は条線があり壊れやすい、基部がやや肥大し、白色〜パステルオレンジ色(淡紅色)のミセリウムをつける。肉はもろく、表面と同色、特別な匂いや味は無い。

 Entoloma salmoneum は、E. quadratum の シノニムと言っても特に両種を分離する意見は出ていないということです。E.salmoneum はその頂部のペンシル状に伸びる先端の形から、北米ではサルモネウムユニコーン(一角獣・いっかくじゅうのキノコ)と呼ばれています。

 胞子紋はピンク色
 胞子は径 10.5〜12.5 μm、6面体(E.quadratum はやや歪んだ直方体、 E.salmoneum は立方体に近いようだ)、縁シスチジアは円柱形〜こん棒形、大形。側シスチジアは無い。菌糸はクランプがある


〔似たキノコ〕
 → ダイダイイボカサタケ(青木仮称) は本種より大型(2〜7cm)になると言われているが、学名が特定されていないため詳細特徴は解らない。
  E. quadratum がアカイボカサタケで、E. salmoneum がダイダイイボカサタケではないかという人もいます。

アカイボカサタケ_20090829_桜山
 
アカイボカサタケ 20110921 厚平内林道、 ヒダ:傘と同色   柄は繊維状でややねじれる
 
 
アカイボカサタケ_20160910_桜山   アカイボカサタケ_20160910_桜山