アカハツモドキ
Lactarius deterrimus Groger

ベニタケ目_ベニタケ科_カラハツタケ属


アカハツモドキ_20150920_丸山

 
can be eaten 可食

 初秋、エゾマツおよびドイツトウヒ樹下などに発生
 傘は径6〜10cm、初め中央がくぼんだまんじゅう形から平らに開き、浅いじょうご形となる、表面は湿っているときやや粘性があり、くすんだ淡橙黄色、しだいに全体に淡青緑色を帯び、中央濃色となる、環紋は不明瞭、縁部は初め内側に巻く。

 肉は脆く白色、傘の下部や柄の周辺およびひだの上は橙黄色を帯び、傘の下部は青緑色を帯びる。
 乳液は橙色、空気に触れるとしだいに青緑色となる。ひだはやや垂生し、橙黄色、傷ついた部分は青緑色となり、幅やや狭く、やや密。
 柄は長さ3〜5cm、幅1〜1.5cm、傘とほぼ同色、中空。

〔似たキノコ〕
 → 類似種のアカハツ L.akahatsuTanaka は初め傘が青緑色を帯びていない点、およびしばしば柄に浅いくぼみがある点で違いがある。