アカバシメジ
Mycena pelianthina (Fr.) Quel.
ハラタケ目_クヌギタケ科_クヌギタケ属


アカバシメジ_20180704白旗山

 
 Poison 有毒 .

 有毒のムスカリンを含むといわれている。
 夏〜秋 落葉広葉樹林の樹下落ち葉上に発生。

 傘径4〜5cm、始めまんじゅう形、のち丸山形からほぼ平らに開く、表面粘性なくほぼ平滑で淡ワイン褐色〜帯褐紫色、乾くと淡色、湿時条線を表す。
 ヒダはワイン色で湾生〜直生、やや疎、縁部は暗色で縁取られ、ぎざぎざ状の波形。
 柄は逆棍棒形で中実、カサより淡色または淡紫褐色で、繊維状条線が見られる。


〔似たキノコ〕
 → サクラタケと似たダイコン臭がある。

アカバシメジ_20180704白旗山 アカバシメジ_20180704白旗山