ヨソオイチャワンタケ
Sarcoscypha vassiljevae Raitviir
チャワンタケ目_ベニチャワンタケ科_ベニチャワンタケ属

ヨソオイチャワンタケ_20150905_桜山

 
unclear 食毒不明

 夏から秋にかけ、半ば地中に埋もれた太い枯れ枝に点々と生える。 

 きのこは深い椀状で、あまり明瞭ではない短い柄状部(長さ1cm前後)を有し、時に深い耳たぶ状をなす。

 径・高さともに3〜6cm程度、全体に淡黄白色〜淡いクリーム色であるが、しばしばかすかにピンク色を帯びて美しく、外面は平滑、微粉状またはちりめん様のしわ状をなす。

 肉は薄いが比較的丈夫な肉質で、乾くと堅い革質となり、ほぼ白色、変色性を欠き、試薬に対して特別な呈色反応を示さず、味やにおいは温和である。


※ 下の3枚の子嚢胞子の写真は同じ個体ですが、油球が1個のもの、2個のもの、歪んでいて膜状のものに覆われているものなど、様々です。

ヨソオイチャワンタケ_20140824円山
_20140824円山
_20140824円山 _20140824円山