ヤドリギイヌシメジ
Clitocybe eccentrica Peck
工事中
ハラタケ目_キシメジ科_ハイイロシメジ属

ヤドリイギイヌシメジ_20160810 sirahatayama

awful taste 食不適

 秋、腐食した倒木上や地中の木質破片上に発生する。
 傘径1〜6p、表面は平たんか中央部がやや窪み、滑りはなく茶色がかった淡白色、乾くと著しく色を変えます。
 ひだは垂生、密、白色またはバフ。
 柄は3〜5p、径7o以下、多くの場合多少の偏心性がある。
 胞子紋はクリーミーにホワイト。
 胞子は 4.5-6.0 x 2.5‐3.5μ、 楕円形

 化学反応 :傘表面はKOHで黄色がかる。


〔似たキノコ〕
 → ヒメシロタモギタケ はハルニレやオヒョウの倒木上や洞に群生し、強い異臭がある。
 → ブナノシラユキタケ(仮称) はブナの枯れ幹や倒木に群生する。