ワタカラカサタケ
Lepiota magnispora Murrill

ハラタケ目 ハラタケ科 キツネノカラカサ属

ワタカラカサタケ

 
awful taste 食不適


 夏から秋に様々な種類の林内やその周辺に発生する。

 傘は初め円錐形で,後には中央部分が盛り上がって、いかにも「傘」という形に開く。
 表面の地色は白色で、黄褐色から赤褐色の鱗片が付着する。
 ひだは白色で柄に離生する。
 柄は傘とほぼ同色で表面は綿屑状の鱗片に覆われる。

〔似たキノコ〕
 → コナカラカサタケは小型菌
 → コゲチャワタカラカサタケ(L.clypeolaria (Bull.:Fr.) Kummer) は傘の鱗片がこげ茶色を呈する。 
 ※ 各種図鑑のコゲチャワタカラカサタケ(Lepiota clypeolaria (Bull.:Fr.) Kummer) は本種と異なる、異タイプ異名種のようだが!。

 ※ 日本産菌類集覧で学名を見てみると、コゲチャワタカラカサタケはワタカラカサタケの別名になっており、学名(Lepiota magnispora Murril)=ワタカラカサタケ=コゲチャワタカラカサタケで、同種の扱い。
 L. ventriosospora Reid は同タイプ異名種(シノニム)。