ウスベニミミタケ
Otidea onotica (Pers.) Fuckel

チャワンタケ目 ピロネマキン科 ウスベニミミタケ属


ウスベニミミタケ_20090919_桜山

 
unclear 食毒不明

 広葉樹林内の地上に群生〜単生する。
きのこは短い柄を持ち、伸張してウサギの耳房状になる。高さ3〜5cm
 外面は橙色〜橙黄色、子実層面はピンク色を帯びたアンズ色
 胞子は楕円形、2個の油球を有し、大きさは
 12〜14×6〜7μm


〔似たキノコ〕
 → 偏芯性のヨソオイチャワンタケは本種によく似るが、背面にシワがないこと、胞子は大きく 19〜26×11〜13μm、油球は1個が多い。
 → キミミタケモドキは新鮮なときは鮮やかな黄色。