ウコンガサ
Hygrophorus chrysodon (Batsch : Fr.) Fr.

ハラタケ目_ヌメリガサ科_ヌメリガサ属


ウコンガサ

 
can be eaten 可食

 秋に針葉樹林やその他の広葉樹林内地上に発生する。
 きのこが若いうちは名前のとおり美しい黄色であるが、 やがては全体が白っぽくなってしまう。
 似たような名前のきのこにウコンハツや傘の色が黄色のヤマブキハツがあるがこちらはベニタケ科のきのこで類縁関係はほとんどない。

 傘は初めまんじゅう形で後にはほぼ平らに開く。
 若いうちは傘の表面が黄色の点々でおおわれているが、やがてこの点々ははげ落ちて周辺部だけに残る。
 ひだは白色でならびかたは疎。柄に垂生する。

 柄の地色は白色で表面には傘と同様の黄色の点々がついている。