チャウロコタケ
Stereum ostrea (Bl. et Nees) Fr.
ウロコタケ科、チャウロコタケ属

チャウロコタケ


 
awful taste 食不適

 夏〜秋、広葉樹枯れ木上に群生。中型。広葉樹材の白腐れを起こす。
 子実体は一年生。狭い基部でつくか、半背着生で重生すること多い。

 傘は半円形か棚状に連なる、幅1〜5cm、厚さ1mm程度。
 傘表面は灰白色の短い密毛部と、赤褐色〜暗褐色の無毛部とが交互して環紋を表す。
 肉は革質、白色。
 子実層面は灰白色で平滑、雨降りの後や、傷つけるとしばしば透明の液汁を出す。
 傘の断面を見ると毛被の下部に褐色の下皮がある

〔似たキノコ〕
 → カワラタケによく似ているが、傘の裏に孔口がなく、その分カワラタケよりもさらに薄い点で異なる。
 → ツヤウチワタケは肉眼で見えないほどの細かな管孔を持つ。

裏面
中心に柄を持ったタイプ
裏面 裏面
半背着生・裏面