チャムクエタケ
Tubaria conspersa (Pers.) Fayod
ハラタケ目_アセタケ科 チャムクエタケ属


チャムクエタケ_20130519_桜山

 
unclear 食毒不明

 広葉樹の腐木に発生。
 傘は径8-22㎜、中高のまんじゅう形から平らに開く。表面はピンクがかった褐色で圧着繊維状、白色の綿毛状鱗片を被り、条線及び吸湿性はない。
 ひだはやや疎、柄に直生し、小さく垂下する。
 柄は太さ2~3㎜、上下同径、中空。表面は繊維状で暗赤褐色の地に白色綿毛状鱗片を付ける。

 チャムクエタケは,チャムクエタケモドキとほとんど同じ発生 環境下に生えるが,やや小型で,かさは吸水性を示さず,周縁部に条線をあらわさなさいことで異なる。

チャムクエタケ_20150627_桜山