チャカイガラタケ
Daedaleopsis tricolor (Bull.) Bondartsev & Singer
チャミダレアミタケ属 タマチョレイタケ科 タマチョレイタケ目


チャカイガラタケ_2014.08.10 桜山_


 
awful taste 食不適

 発生時期はほぼ通年、広葉樹の枯木に重生、中型 白色腐朽菌
 子実体は一年生、座生し多数が重なり合い群生。

 傘は半円形〜貝殻状で扁平無柄、幅2〜8cm。
 傘表面は茶褐色、紫褐色、黒褐色などの狭い環紋を表し、放射状に走るしわがある、無毛平滑だがしばしばさび褐色の粉(厚膜の分生胞子)をこうむる。
 肉は堅い革質〜コルク質、灰白色〜淡材木色、厚さ1〜2mm。
 子実層托はヒダ状、初め灰白色、のち灰褐色となる、ヒダは放射状に並び、やや密でヒダの縁は鋸歯状。

〔似たキノコ〕
 → キカイガラタケ の新鮮な周縁部は黄白色、全面に短い粗毛を帯びる。
 → ダエダレア クエルキナ の子実層托は迷路状。

チャカイガラタケ_20140503桜山
老菌 裏面拡大