ツバフウセンタケ
Cortinarius armillatus (Fr. : Fr.) Fr.
ハラタケ目_フウセンタケ科_フウセンタケ属


ツバフウセンタケ_長谷

 
can be eaten 可食

 秋にカンバ類の樹下に群生する。
 傘は初め卵形で後には平らに開く。
 地色は赤褐色から淡褐色で表面には褐色から灰褐色の鱗片が付着する。

 柄の地色は傘とほぼ同色で表面には褐色の鱗片が斑点状につく。根もとは球形にふくらみ、上部にリング状の赤色のつばをもつ。その下部には朱赤色つば状の輪が1〜3個あり、これらはきのこが成熟するとあまり目立たなくなる。