トガリフカアミガサタケ
Morchella patula Pers. var. semilibera (DC.) S. Imai
チャワンタケ目 アミガサタケ科 アミガサタケ属


トガリフカアミガサタケ_20120523_伊達

 
 CAUTION 食注意・弱毒

 柄と網目状の隆起を具えた傘状の頭部をもつ中~やや大形、オリーブ褐色のきのこである。アミガサタケ同様食べられるが、食用にするには薄すぎる。

 子実体は高さ4~10cm、ときに15cm に及ぶ。
 頭部は円錐形、頂端は尖り、下縁部は頭部の中央付近まで柄から離れる(帽子状型)。
 網目は縦脈の発達が良好なのに対し横脈は発達悪く縦長で、深さも比較的浅い。
 子実層はオリーブ黄~オリーブ褐色、脈の稜はしばしば濃色あるいは黒味をおびる。
 柄は円筒形、ほぼ同幅、基部はやや膨大してひだ溝があり、白色~黄土色で粉状、肉は薄く脆い。

〔似たキノコ〕
 → オオズキンカブリ の頭部は鐘状、網目状の縦しわがある。柄の中は綿状の髄が入っている。