チシオハツ
Russula sanguinea (Bull.) Fr.
ベニタケ目、ベニタケ科、ベニタケ属


チシオハツ

 
POISON 有毒

 夏~秋、マツ林内地上に発生する。可食と言われているがわずかに毒をもつようだ。

 傘は径3~10cm、表面は湿れば粘性があり、血赤色、周辺淡色で、のち斑紋状に退色する。周辺部は平坦または短い溝線を生じ、表皮は剥ぎ取りにくい。傘の血赤色と柄の赤色の条線は古くなると灰桃色になる。
 ひだは上生~やや垂生し、密、白色のちクリーム色となる。
 柄の表面にはしわ状の縦線があり、白色で淡紅色のぼかしを帯びる。
 肉は白色、ち密、辛味がある。
 胞子紋はクリーム色

〔似たキノコ〕
 → ドクベニタケ