チギレハツタケ
Russula vesca Fr.
ベニタケ目 ベニタケ科 ベニタケ属

can be eaten 可食

 夏〜秋 広葉樹、針葉樹林の地上に発生。
 傘径4〜8(13)cm、饅頭形からやや漏斗形、表面は湿時弱粘性で平滑、灰赤褐色〜淡赤褐色で周辺は淡く、成熟すると条線が目立ち、縁は裂開する。
 ヒダは白色で密、脆い。
 柄は白色〜灰白色、やや肉色がかることもあるがピンク色ぼかしが入ることはない。ほぼ円柱形、中実→髄状→中空でシワ状条線がある。

〔似たキノコ〕
 → 類似種は、R.ウィノサとヨヘイジ