テングタケ
Amanita pantherina (DC. : Fr.) Krombh.
ハラタケ目_テングタケ科 テングタケ属 


 
POISON 有毒

 有毒。 夏から秋、主に広葉樹林地上に発生。 札幌近郊では大半がイボテングタケやテングタケダマシが占め、たまに白樺並木の下などに発生しているのを見かける程度で稀なキノコです。

 傘は直径5~10㎝、卵型から半球型を経て平らに開く、表面は灰褐色~褐色(~暗黄土褐色、オリー褐色、銅色)、湿時粘性あり、辺縁は淡色、条線があり、傘全面に白色で扁平な外皮膜の破片(疣)を散在させ、疣は取れやすく、傘の縁に内披膜の残片が垂れ下がる。

〔似たキノコ〕
 ⇒ イボテングタケ(Amanita ibotengutake)は テングタケと酷似し、混同されていたが、2002年に独立種とされた。本種よりやや大きく針葉樹林に発生する。
 ⇒ テングタケダマシ は小さい錐形の白~淡灰褐 色のいぼが多数点在し、傘の周辺部に溝線がある。
 ⇒ テングタケモドキ の柄は灰色繊維状、灰褐色の角錘形の鱗片をまばらに付着。

  
 

疣の形状比較 (テングタケの仲間)
  テングタケ   イボテングタケ   テングタケダマシ
 
扁平な外皮膜の破片(疣) 大型で厚みのある角錐形 先の尖った小さな角錐形