タマウラベニタケ
Entoloma abortivum (Berk. et Curt.) Donk
ハラタケ目 イッポンシメジ科 イッポンシメジ属


タマウラベニタケ_無意根大橋_

 
can be eaten 可食

 夏の終わりから秋に湿り気の多い朽ち木の上などに群生する。きのこの形になりきれずに、だんごのような形になることもあり、和名の由来となっている。
 なぜこのような形になるのかは明らかにはされていないが、タマウラベニタケにナラタケの菌糸が侵入したために奇形になったという説が有力である。

 傘は初め半球形で後には平らに開く。表面の色は灰白色から淡灰褐色でなめらか。
 ひだは初め淡灰色で後には肉色になり並び方は密。柄に垂生する。
 柄は傘より淡色で表面には線状のすじがある。