スジガサベニヒダタケ(仮)
Pluteus sp.

ハラタケ目_ウラベニガサ科_ウラベニガサ属


スジガサベニヒダタケ 20120816留産

 
unclear 食毒不明

 梅雨時季と秋 広葉樹朽木上に発生

 傘径2~5cm、饅頭形~中高扁平。表面ベージュ色、中高部褐色でウラベニガサ属によく見られる縮緬ジワが広がっている。
 柄 2~3.5cm、下方にやや太く中空。表面平滑で帯黄色でときにねじれあり。
 ひだ 離生し密で淡紅褐色。
 肉 白色で表皮下表面色を帯びる。

 「北陸のきのこ図鑑」に掲載の同仮称種(スジガサベニヒダタケ)と同じと思われる。