シワカラカサタケ
Cystoderma amianthinum (Scop.) Fayod

ハラタケ目 カブラマツタケ科 シワカラカサタケ属


シワカラカサタケ

 
awful taste 食不適

 夏~秋 林地に発生、落ち葉を分解する。

 傘径2~5cm、中高扁平で表面黄褐色~褐色、微粉状で周辺淡く小じわが多い。
 ヒダは白色で密。
 柄は早落性のツバを持ち、ツバより上は褐色平滑、ツバより下は傘と同色で、微粉状。

〔似たキノコ〕
 → シワカラカサモドキの傘にシワは無く、明るい黄色と細粒で分かりやすいきのこ。
 → オオシワカラカサタケは本種よりやや大形。
 → 若いときのコガネタケもシワがあるが、コガネタケの肉は若干汗臭いような臭いがある。
 → ヒメオニタケチャヒメオニタケ もややシワがある。