シロヤマイグチ
(地方名;シラカバイグチ)
Leccinum holopus

イグチ目_イグチ科_ヤマイグチ属


シロヤマイグチ 20111002 第一縦断道

 
Edible mushroom 可食

 シラカバの木と共生関係を持つので、シラカバイグチとも呼ばれる。

 管孔は初め白色のち灰緑色を帯びる。
 柄の上部は白色、下部は淡褐色の細鱗片を付ける。成熟すれば柄の基部は青緑色を帯びる。切断してもほとんど変色しないが、根元は多少青緑色を見せる。

〔似たキノコ〕
 → アオネノヤマイグチは切断すると根元が青く、上のほうが赤くなるが、ヤマイグチは赤くはならない。
 → ネナガシロヤマイグチは基部の先が細まり、青変性が強い。

切断してもほとんど変色しないが、根元は多少青緑色