シロツチガキ
(別名;シロツチグリ, ヒメヤブレツチグリ)
Geastrum fimbriatum Fr.

ヒメツチグリ目 ヒメツチグリ科 ヒメツチグリ属


シロツチガキ

 
awful taste 食不適

 子実体は幼菌時、径0.8〜2cmの球形で頂部はわずかに尖る。
 外皮の表面は黄褐色や淡赤褐色の菌糸束をまとい、熟すと5〜8の裂片の星型に開き、反転する。外皮の内層は平滑で白色のち次第に黄褐色に変化する。乾くと薄くなる。
 内皮は無柄で平滑、白色のち暗褐色になり、径8〜15mm、頂孔はささくれた繊維状で溝線及び円座は不明瞭か見あたらない。
 秋。林内の腐植土上に群生する。

 ヒメツチグリ属 Geastrum の菌としては、比較的小形で、つぼみの先端はほとんど突出しないこと・外皮の内面や内皮が白色〜淡クリーム色を呈すること、および口縁盤もあまり突出せず、円座をまったく欠く ことなどの特徴から比較的同定しやすい種類である。

〔似たキノコ〕
 → フクロツチガキ円座が明瞭、破片の先が二つに割れることが多い。