シロスズメノワン
Humaria hemisphaerica (F.H. Wigg.) Fuckel

チャワンタケ目_ピロネマキン科_シロスズメノワン属


シロスズメノワン_20151004_きのこ展

 
awful taste 食不適

 初夏から秋にかけて地上や落葉層、コケの間などから生じるが、腐朽の進んだ朽木上に発生することもある。

 子嚢盤は初めほぼ球形、後に深い椀形から皿型に開き縁部が反り返る事もあるが平開することは少なく、 淡灰色、直径 1.0-2.5 cm 程度。
 外面も地色はほぼ同色(僅かに褐色を帯びてみえる)だが全体が茶褐色の剛毛に覆われる。毛は特に縁部付近では長く伸びて密集する。
 柄は無く、下面中央で基質に付着する。
 肉は白く、質は脆い。