タモギタケ
(地方名;シロノタモギタケモドキ)
Pleurotus cornucopiae (Paulet) Rolland
ハラタケ目_ヒラタケ科_ヒラタケ属


シロノタモギタケモドキ_20170615

can be eaten 可食

 可食。春~初夏にハルニレ、ヤチダモなどの倒木や枯れ木に群生する。(学名音読み;プルロトス コノコピエ)
 日本を含む東アジアで発生する黄色いタモギタケ(P. cornucopiae var. citrinopileatus) の基準種。

 傘表面は白色、クリーム色、淡灰色などヒラタケに似た色の変化がある、中央部がくぼみラッパ型で表面は平滑、カサ部の肉は薄い。
 ヒダは、白色で柄に長く垂生する。
 柄は、白色で偏心性~中心性、中実。
 基部や柄の途中で分枝し、数個のカサが一つの株を形成する。
 肉は白色、弱い粉臭がある。
 胞子は円筒形または楕円形、7-11 x 3.5-4.5μm

高橋先生の「北海道きのこ図鑑(1999年)」で、シロノタモギタケモドキの新称で掲載されている。

〔似たキノコ〕
 → ヒラタケ Pleurotus ostreatus のヒダは柄の途中までしか付かない。
 → シロタモギタケ Hypsizygus ulmarius (Bull.) Redhead は傘径5~12cmと大型。

20170617 sakurayama_ 胞子は、8.2-10.6 x 3.4-3.7μm