シロコナカブリ
Mycena alphitophora (Berk.) Sacc.
ハラタケ目_クヌギタケ科_クヌギタケ属


シロコナカブリ_20090711_桜山

Inedible 食不適

 食毒 不食。 夏~秋 広葉樹腐朽材から発生

 傘径0.4~0.9cm、円錐形、表面白色で白色の粉をかぶり、放射状の溝線が扇面状をなす
 ひだはほとんど離生し白色で疎。
 肉はほとんど無し。
 柄は 1.3~3cm×0.5㎜、糸状で上に向かって細くなる。表面は白色で微毛(微紛?)に覆われる。


〔似たキノコ〕
 → シラウメタケモドキ のひだは直生。
 → ヒメオトメノカサはヌメリガサ属でヒダは柄に垂生に付く。

シロコナカブリ_20090711_桜山
傘シスチジア
シロコナカブリ_20160720白旗山