シロケシメジ
Tricholoma columbetta (Fr.) P. Kumm.

ハラタケ目_キシメジ科_キシメジ属


シロケシメシ_20160813sakurayama

 
can be eaten 可食

 広葉樹林、主にブナ林に、夏~秋にかけて発生。

 傘の径は、6~10cm。饅頭形からほぼ平らに開き、表面は絹糸状~繊維状。
 若い菌は真っ白で美しいが老菌になるにつれて青緑色のしみができる。
 ヒダは白~クリーム帯白色で柄に湾生~上生し、並び方は密。
 柄の長さは5~7cm。根元はやや細まり、表面は繊維状。

〔似たキノコ〕
 → シロシメジは傷むと弱く褐色に変色する。
 → シロケシメジモドキはハイイロシメジ属でヒダは垂生

゙_20090903_支笏湖