シロカラカサタケ
Leucoagaricus naucinus (Fr.) Singer
→ Leucoagaricus leucothites (Vittad.) Wasser

ハラタケ目 ハラタケ科 シロカラカサタケ属


シロカラカサタケ

 
unclear 食毒不明

 草地、路傍などに発生する。
 傘は径5~10cm、類球形から丸山形になる。表面は白色~灰白色、やや黄色味を帯びることがある。肉は白色で厚い。
 ひだは幅広く白色からのちピンク色を帯び、密、離生する。
 柄は表面白色で下方に太まり、傷時褐色のしみを生じる。ほぼ中空、上部に可動性の膜質のつばを持つ。

〔似たキノコ〕
 → イロガワリシロカラカサタケは、肉が傷により赤変するので区別できる。