シロヒナノチャワンタケ
Lachnum virgineum (Batsch) P. Karst.

ビョウタケ目_ヒナノチャワンタケ科_ヒナノチャワンタケ属


シロヒナノチャワンタケ_20130616_丸山

 
awful taste 食不適

 地上の細い枯枝や朽木片などに群生していて春から秋まで普通に見られるが近似種が多い。超小型菌

 子嚢盤は普通は群生する。初め椀形からほぼ平らに開くが縁はやや内屈する。
 直径 0.5-1.5 mm. まで。
 子実層面は白色か淡クリーム色。 外面は白色の毛が密生し、水滴をつけることがある。
 柄は細長く、1.5 mm. 程度まで、白色で毛が密生する。

〔似たキノコ〕
 → ブナの殻斗上に発生する ブナノシロヒナノチャワンタケはやや大型 (1-3 mm)