シロアンズタケ
Gloeocantharellus pallidus (Yasuda) Giachini

ラッパタケ目_ラッパタケ科_オオムラサキアンズタケ属


シロアンズタケ_20090914_桂沢湖

 
can be eaten 可食

 秋にマツ類やナラ類の混ざった林内に群生する。

 きのこは少し形がゆがんだラッパ状、色は白色からクリーム色、外側には細かいしわが並ぶ、高さ10cm内外、全体が肉質。
 子実体は不正じょうご形、あるいはいくつかの裂片に裂ける。
 柄は偏心生~側生、時に2~3回分技する。
 肉は白色~淡クリーム色

 → ラッパタケは傘縁やヒダ上部が 紫色がかる。