センボンイチメガサ
Pholiota mutabilis (Schaeff.) P. Kumm.

ハラタケ目 モエギタケ科 スギタケ属


センボンイチメガサ

 
can be eaten 可食

 春から秋にかけて各種広葉樹や針葉樹の切り株上や倒木上に群生する。ほとんど全世界で普通に見られるきのこで食用になる。

 傘は初め丸山形で後には平らに開く。色は黄褐色から茶褐色で、湿っている時には表面にぬめりがあり周辺部には放射状の条線がある。
 このぬめりは乾くと失われ、条線も見られなくなる。
 柄にはややはっきりしないつばがあり、 それより上は淡褐色、下は黄褐色から暗褐色でごく細かいささくれ状の鱗片がついている。

 猛毒菌のヒメアジロガサは本種に似ているので間違えないように。

センボンイチメガサ 土生