サンゴホウキタケ
Ramaria subbotrytis (Coker) Corner
ラッパタケ目 ラッパタケ科 ホウキタケ属


サンゴホウキタケ 長谷

 
unclear 食毒不明

 9月上旬〜下旬頃、広葉樹林内の地上に発生する。

 高さ5〜10cm、全体が桃色、または上部桃色、下部がチーズ色で、幼時濃色で成熟時淡桃色になる。

 よく枝分かれし、先端では細かく突起状に分かれる。先端の細かい突起の下部がリング状に最も色が濃い。

サンゴホウキタケ 20130817_桜山 サンゴホウキタケ 20130817_桜山・表面に微細なイボがある