サクライロタケ
Mycena rosea (Schumach.) Gramberg

ハラタケ目 ラッシタケ科 クヌギタケ属

サクライロタケ


 
unclear 食毒不明

 雑木林内地上に発生。
 傘の径2~4cm、円錐形から中高の平らに開く、表面はピンク色で湿時やや粘性があり、周辺部に透明条線をあらわす。
 ひだは薄いピンク色を帯び、やや疎、湾生~上生、横脈がある。
 柄は高さ5-8 cm、太さ 0,4-0,8 cm 帯白色繊維状で下方に太まる。基部は黄色を帯び球根状に膨れ白色の綿毛をつける。
 胞子は平滑、楕円形、7.5-9×5.5-6.5μm(別資料では 7-12 x 3,2-4,7 μm)

〔似たキノコ〕
 → しばしばサクラタケM.puraと混同されるが、サクラタケの柄は傘と同色。
 → アケボノタケH.calyptraeformis はアカヤマタケ属、傘が開いたのちも中心に円錐状の中丘がある。